壊れたノートパソコンに付いてたハードディスクを有効利用してみる

購入先へのリンクにはアフィリエイトのタグが含まれいることがあります、リンク先での購入などから収益化を行う場合があります。
壊れたノートパソコンに付いてたハードディスクを有効利用

まだまだ現役で働いてもらおうと思っていいたのに Oyaji の不注意で大怪我をさせてしまった「富士通 FMV LIFEBOOK A574」第四世代の Corei5 メモリ 16GB HDD500GB、とても快適に働いていたのですが液晶画面に傷が出来てしまい半分以上が見えない状態になってしまい使えなくなってしまいました。

スポンサーリンク

液晶画面の傷、ハードディスは無事なんです

ディスクトップPCのサブ機として使ってたのでお仕事等には影響は無いのですが、ノートPCが無いとなるとチョットした時に面倒な事が度々あるので、現在は「Dell-G15-5511」というノートPCを買ってみました。

使えなくなった「富士通 FMV LIFEBOOK A574」に内蔵されてた「500GB ハードディスク」はまだまだ使えそうなのと保存されてる「データ」の事を考える使るだけ使った方がよさそうですね。

「ハードディスクケース」を買って使ってみようと思います。

ハードディスクケースって意外と安価な値段から用意されているようです、放熱対策や衝撃軽減等の物理的加工されてるものから普通の箱みたいなモノまで、ピンからキリまであって選択する時に使う用途や使用頻度等を考えて選ばないといけないようですね。

今回はデータのバックアップぐらいにしか使わないつもりで探してみました、使っても一週間に一回程度なので安価なモノで良いように思うのですが熱対策だけはできるものが良いなぁ~と、アルミ筐体の2.5インチ用のUSB3.0仕様のハードディスケースを選びました。

USB3.0を選んだ理由はデータの転送速度が多少でも早い方が良いのでUSB3.0仕様にしました、USBメモリースティック等もできればUSB3.0以上のモノが作業効率が良いように感じました。

転送速度事態は目で見るというよりも体感的な部分が多いので、数字的にするとUSB2.0は480Mbps、USB3.0は5Gbps、になるので約10倍という転送速度になりますが体感的にはそこまで感じることは無いと思います。あくまでも理論上という事ですかね?

ノートPCは内臓SSDでした

「富士通 FMV LIFEBOOK A574」はSSDに変えてあったのを忘れてました、中古で購入して一月ぐらいで「Crucial クルーシャル SSD 480GB」に変更してました。

元のハードディスクにトラブルがあったわけでは無く、単に古いパソコンに内臓し延命したような記憶がありますがそのパソコンは部屋の片隅でほこりをかぶって寝ています、そのうち何かに使うかもしれませんがね。

ハードディスクケースにインストール

文字にすると大変そうでなんかするのかって感じですがたんにSSD本体をケースにはめ込むだけの話です、はめ込む向きさえ間違えなければだいたい30秒もあればできると思います。

ケースをスライドさせて小さなちいさな+ネジをはめ込んで出来上がりです、かかった時間はゆっくりやって5分~10分位でしょうかねぇ~。

ついでに余っていたハードディスも

これもチョット古いディスクトップのタワー型に内蔵されていた3.0インチ大きなハードディスクです、これも物置の肥やしになっていたので有効利用してみようかと「ハードディスクケース」を用意しました。

いつも思うのですが、外付けのハードディスクは電源供給型の方が使っていて安定してるように感じます、パソコン側のUSBが十分電源供給してくれれば良いのですがノートPCでバッテリー駆動させている時は電源供給が間に合わなくなっているように感じるからです。

ハードディスクも3.0インチと大きいので電源供給型のハードディスクケースを選んでみました、このハードディスクケースは3.0インチと2.5インチの両方が使えるタイプで、電源供給型なのでお仕事で使うのには十分ですし持ち運びはしないので据え置きで使っています。

使ったパーツ類は以下から購入しました

おやじ
おやじ

購入先へのリンクにはアフィリエイトのタグが含まれいることがあります、リンク先での購入などから収益化を行う場合があります。

使って2週間とチョットですが

ウインドーズのバックアップ等に十分使えてます、やはり電源供給型の方が頻繁に使うことが多くなってきているように感じますね、ノートPC用に使っている2.5インチはこのくそ暑い時期でもSSD温度はしっかりできているようですね。

買ってよかったハードディスクケースですね!

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!

SHUN1963をフォローする
おやじのログ
スポンサーリンク
SHUN1963をフォローする
おやじのぶろぐ