Amazon Services Japan の重要情報ってなに?

Amazon Services Japan の重要情報ってなに?
平成最後のクリスマスだって言うのに朝のメールチェックで「Amazon Services Japan 重要情報についての通知」なんて件名のメールをいただきました。

普段からアマゾンでお買物もするのでどれくらい重要情報なのかと、Thunderbird の迷惑フィルターでジャンクボックスへ直行したメールですけどね。

スポンサーリンク

アマゾンからのスパムメール多くないですか?

クリスマスって事だけじゃないとは思いますがこのところスパムメール多くないですか、それもよく有りそうな件名で来るので本物か偽物か判別がむつかしい時がありますね。
メールヘッダーってヤツを見ればわかるのですがね・・・。

今回の「Amazon Services Japan 重要情報についての通知」ってメールは、時間差で何通か受信しました、メールヘッダー内の「Return-Path:」を見ると「amazona14@d.amazonona.cn」と「amazona15@a.amazoncc.cn」が確認できました。

パッと見るとアマゾンからのメールに見える?かと思いますが、よく見ると「 d.amazonona.cn 」「 a.amazoncc.cn 」ドメインが「.cn」ってどういう事?って思うでしょう、メールヘッダーを見るなんて事も知らなければすんなり騙されるかもしれませんね。

重要情報ってこんなメールです?

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

突然のご連絡となりまして大変恐縮でございますが、この度は重要な連絡があり、メールをお送りさせていただきました。
残念ながら、ご登録いただきましたアカウントを更新できないです。

ごクレジットカードや銀行口座情報をご登録いただいていなく、他の異常情報もある可能のため、使用することができません。

つきましては、お支払い情報をご修正していただきますようお願いいたします。
こちらへ修正ください。

ロクインアカウント大変お手数ではございますが、【#2018年12月25日#】までにご登録情報の修正を行なっていただき、その旨をご返信にてお知らせください。

今後とも、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。
Amazon.co.jp

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度は、突然のご連絡にて失礼いたします。ご配送会社より中国郵便にて10月28日迄に配送予定とメール、配送中となり受取先不明のせいで、配送不可な状態でありました。

期日が過ぎ、受け取らない場合、返送される予定です。

ご受取先情報をご修正してください。ロクインアカウント
大変お手数ではございますが、【#2018年12月25日#】までにご受取先情報の修正を行なっていただき、その旨をご返信にてお知らせください。
アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jphttp://www.amazon.co.jp/marketplace

いかにもって感じのメールですね、慌ててると「 ロクインアカウント 」と書かれてるリンクから「ログインID」と「ログインパスワード」を入力なんて事をしちゃいそうですね。

私の場合は普段からメールに書かれたリンクからログインする習慣が無いので、この「 ロクインアカウント 」のリンクからなんて事はしません、メールをあまり信用してないって感じですね。

何処から来たのかこのメール?

気になるのがこのメールが配信されたところなんですが、コレもメールヘッダーを見ればだいたいのところは分かります。

「Received: from mx26.edmtools.online」IPアドレスが 198.200.43.169、中華人民共和国
「Received: from mx29.edmtools.online」IPアドレスが 198.200.43.130、中華人民共和国

例のごとく中華人民共和国のIPアドレスを使って送信されたようです、その他のメールも「edmtools.online」となっていました

Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について

アマゾンを装った詐欺と思われる連絡を受け取った際に、識別するための詐欺ケースを公表しています。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

最後におやじが思う事

チョットした知識があればなんて事はないのですが、このチョットした知識ってヤツが面倒なんですよね。
知らないよりは知ってる方が良い事の方が多いんですけどね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回のネタは・・・?

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
ネット関連
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ