移住したい県の上位に毎年入っている長野県!でも長野って広いけど?

移住したい県の上位に毎年入っている長野県!でも長野って広いけど?
毎年、移住したい県の上位に入っている長野県ですが地図で見てもらうとわかると思いますが縦に長い県なんです。
私が住んでいる長野市(県庁所在地)ですが、チョット北へ行けば新潟県というところです。

1998年(平成10年)2月から長野オリンピックってヤツが開催されたところです。

スポンサーリンク

実際にここ長野県に住んでみて

今から40年チョイ前にここ長野県へ関西方面から引っ越して来たのですが、当時はまだ小学生の低学年って事もあってなにが良いのか全然理解できませんでした。

冬になれば雪の量が半端なく、夏になればくそ暑く、転校したばかりの関西の子供は口もきいてもらえない今でいえばイジメに近い状態でした。

都会から田舎に来た異星人みたいな感じだったんでしょうねぇ~、着ている服もジーパンにジージャン(背中にボブソンの刺しゅう入り)で登校してくるのですから周りの子供らは誰一人話をしてくれる人はいませんでした。

なれるまで3カ月ぐらいかかったでしょうかねぇ~、当時の子供達は関西弁が苦手のようで今のようにTVで漫才を見る事なんかほとんどなかったように記憶してます。

最近では昔のような事は無いようですがね・・・

長野県に住むってどんな感じなんでしょう

仕事上、あっちの県こっちの県とおうかがいする事がありますが殆どどことも変わらないと思います、長野市内ならって事ですけどね。

よくテレビ等で放送されてるのはごく一部地域を取り上げているからだと思います、特に「秘密のケンミンSHOW」あたりで放送されていることが全部の地域に当てはまるわけでは無いです。

先日も、長野の人は虫を食べるの?とか、バッタを食べるの?とかって日常的に虫を全県民が食してるように言われましたが私の地域では虫もバッタも食べません!

一部の地域で、限られた期間に限られた人たち(ご年配の方が多いかな?)だけですからね、義父はハチの子を子供の頃に食べてたって言っていましたが・・・松本地方の出身ですけどね。

おやつみたいな感じですか?ねぇ~、ある程度の年配者との差はかなりありますが現在でも食べたりするところはあるようです。

長野市っていっても田舎ですから

長野から離れて暮らしたことのない人には、昔に比べたら長野も都会になったなぁ~って言葉を聞きますがハッキリ言ってど田舎です、長野市に暮らしている私が思うのですから本当にど田舎です。

都会にあこがれる中高生には田舎すぎて笑っちゃうって子もいます、中には都会が苦手って子もいますがほぼ珍しい中高生の部類に入ると思います。

子供達にはイマイチな評判かもしれませんが、私達ぐらいの年代(50代~)には丁度いい田舎だと思います、混雑するような人ごみなんて年末年始の善光寺の参拝ぐらい?後、スパーの数量限定販売?ぐらいですからね。

人混みがイヤだなぁ~って思う人には良いところかもしれません、後よく聞く言葉で「水がきれい」「空気がおいしい」「豊かな自然」「環境が良い」「食べ物がおいしい」ってハッキリ言ってどこへ行ってもチョットした田舎なら言える事だと思います。

しいて言えば夜は8時を過ぎたぐらいから長野市内でも静かになってきます、あえて言えば田舎なのでお店を空けていてもお客が来ない&少ないっていうのが今の長野市です。

そういえば「保育園落ちた!日本死ね!」って言葉がありましたよね、長野の山の方へ行くと「暗くなってきた、コンビにしまってる!ど田舎死ね!」ってところでしょうかね。

長野市って子育てには良い環境課も

我が家の子供たちは、現在高校生以下がいないので幼稚園や保育園の事はかなり昔の事になります、子供達が保育園へ通っていた頃に待機なんて言葉を聞いたことがありませんでした。

待機させるだけ子供がいなかったのか?、それとも保育園や幼稚園が多かったのか?それは良く解りませんが待機してる子供って見たことが無かったです。

小学校も流石に、児童数が減っていて30人で一クラスなんて私達の時代では考えられない人数でした、ただ塾ってヤツは何処にでもあるってわけにはいかないみたいですけど住んでる場所によりけりです。

学校が終わってから外で遊ぶって事が、普通にできるので環境が良いっていえば良いのでしょうか?地域住民との付き合いかたで良い環境にも悪い環境にもなります。

簡単にいって、近所付き合いがかぁ~るくできるなら住みやすい良いところです!

長野市に暮らしてチョット気に入らないところ

ここは、一応門前町っていうところになります特徴と言えば閉鎖的なところがあるってことです、慣れてしまえばそういうもので割り切れます、一方で松本市辺りだと城下町ってことで人の往来が昔からあり社交的な部分があります。

新しいものを受け入れるのに時間がかかるって事だけはいえます・・・。

住めばどこでも都?ですから

どこに住んでも慣れてしまえば都です、40年以上もこの地で生活していればここが一番いい場所なんですね慣れって怖いかもしれません。

関西地方からの移住者は、私が知る限りでは白馬村が結構多いように感じましたけどね。

温泉も近くにあると言えば近くなんですが、家族で温泉へ行こうとはなりませんし車に乗って温泉へ行くぐらいなら家風呂で十分って思ってしまう長野県民です。

近くにあれば使わなくなるのが人間ですから?

最後におやじが思う事

無いものねだり的なブログを書いてしまいました、移住する方へ書こうと思ったのですが何処へ行っても同じと言う記事でゴメンんなさい。

ただそれだけ、ここ長野は良いところですって書きたかったのですが・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回のネタは・・・?

長野県に関するおすすめ本の紹介です

よくわからなかった方のために・・・長野県の名誉のために・・・。

ナガノを楽しむための51のおきて
意外と知らない“信州”の歴史を読み解く!
この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
地元ネタ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ