年賀状を作るのは毎年おやじの仕事!無料で使える役立つ素材発見!

年賀状を作るのは毎年おやじの仕事!無料で使える役立つ素材発見!
ヤバいです!年賀状のデザインがまだできてません・・・宛名書きは奥さんの担当なのですが先に印刷してとはいきませんよね!
簡単にチャッチャと作る時に役に立つモノが年賀状のテンプレートというモノです、本屋さんで買ってくるのも良いんですが面倒なのでインターネットでチャッチャト作っちゃいましょう!

プリンターのメーカーから無料で使わせてくれるんですねぇ~

スポンサーリンク

無料の年賀状デザインの素材って・・・

無料って聞くとそこそこのデザインでって思うのが普通だと思います、ただ最近は無料の素材でもクオリティーが高くこれで無料で良いのか?と思うようなモノもあります。

正直な話、有料の素材でこんなもんかって思うモノの方が多いかもしれません?特にフリー素材の写真の中にはプロと云ってもおかしくないような素材もあります。

このブログでも写真素材をお借りしてますが、撮影技術やモデルさん等も無料の域を超えてるように感じる素材もたくさん在ります。

年賀状で使える無料の素材サイト

年賀状専用のテンプレートを使うなら、各プリンターメーカーのサイトからダウンロードするのが手っ取り早いでしょう!

株式会社リコーの年賀状特集2018

リコーのプリンターを使って年賀状を作ろうという専用サイトです、リコー製のプリンターで使える紙のアドバイス等があります。

年賀状特集2019 / サポート・ダウンロード | リコー
【リコー公式サイト】2019年度年賀状特集ページ。無料の年賀状素材から印刷時のお困りごと解決など、年賀状のお役立ち情報をお伝えします!

年賀状素材集 2018年用 年賀状素材特集
2018年用 素材のイラスト 干支(戌)のイラスト

すべてのイラスト&テンプレートが無料でご利用いただけるサイトです。

エプソンの年賀状特集2018

定番の干支のデザインが使えるベーシックデザインやスペシャルデザイン等、エプソンだけのオリジナルのテンプレート素材がたくさん使えます。

年賀状特集2019 無料年賀状素材でこだわりの年賀状を作ろう|プリント活用|エプソン
エプソンの年賀状特集2019では年賀状作りが楽しくなる無料のはがき作成ソフトや豊富な年賀状素材をご用意しております。イラストや写真などを自由に組み合わせて作る自分だけのオリジナル年賀状が簡単に作成できます。日本国内のEPSON(エプソン)製品に関する公式サイト。

エプソンのプリンターを使っていて「MyEPSON」に登録していると会員限定の素材が使えるようになります、デザイン的には無料の素材とはすこし違います。

ブラザーの年賀状特集2018

ブラザー製品を使って年賀状を作成する時に役立つ情報をご案内します。

年賀状特集2020(令和2年・子年) | 年賀状・無料ダウンロード | 年賀状ならブラザー
ブラザーの2020年(令和2年)子(ねずみ)年の年賀状特集サイト「年賀状特集2020」です。年賀状や季節の挨拶に使える年賀状のデザインテンプレートや素材が1000種類以上すべて無料でダウンロードできます。年賀状ならブラザーのプリビオ・プリントテラス。

スマホやパソコンで簡単に作る年賀状がコンセプトの年賀状専用サイト、Web年賀状キット2018で年賀状のデザイン選択から編集・印刷まで、かんたんに年賀状が作成できる無料のWebサービス。

キャノンの年賀状特集2018

おうちのプリンターでかんたんキレイな年賀状をつくろう!ポムポムプリンからフォーマル・カジュアル他、豊富なデザインで個性的な一枚を作ってみては・・・。

年賀状特集 - Canon Creative Park
キヤノン株式会社が提供する年賀状サイトでは、2020年(令和2年)の年賀状素材を無料で提供しています。印刷するだけでかんたんに完成する素材や写真をはめ込む素材、イラストや文字を組み合わせて作る素材など豊富にデザインを取り揃えています。

キャノンのプリンターを使って年賀状をつくろうが基本のようですが、年賀状用の素材は自由にダウンロードして使えるようですね素材点数も沢山在りますね。

印刷に無くてならないインク

メーカー純正のインクが良いのですが予算的になんて事もあるようで・・・我が家はほとんどリサイクルインクを使っています、巷でいわれてるようなインク詰まり等は今のところ無いようです、年間を通してこの時期が一番活躍するのですが問題は無いようです。

インクを探す

年に一度、プリンターが大活躍する日にインクが終わっていたなんて事の無いように早めにご注文を・・・。

最後におやじが思う事

年賀状の枚数が減ってくる?メールですませる時代になっているようです、メールで「あけおめ」はチョット寂しいようですがこれも時代の流れってヤツですね。

SNSで済ませるなんて・・・新年の郵便配達の音も聞けなくなるのかなぁ~

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回のネタは・・・?

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
おやじのログ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ