我が家の小さな庭!おやじファームがやっとやる気になったのか?

我が家の小さな庭!おやじファームがやっとやる気になったのか?
毎年だとゴールデンウィーク前には始動していた「おやじファーム」一カ月遅れでなんとか・・・
今年は苗も少な目でってお手入れが面倒くさいって感じでイマイチやる気が・・・。

まぁ暑いって事もあるんですけどガンバって植えました。

スポンサーリンク

ハート型をした直径約三センチのトマトベリー

まだ実がなってないのでよくわからないのですが、このトマトベリーをネットで調べると「トマトベリー公式サイト」なる物を発見しました、実がなっていれば美味いとか何とか言えそうですがまだ葉っぱでこの先成長するのかさえ分からないので詳しくは下記「トマトベリー公式サイト」ご参照ください。

トマトベリー公式サイト/トマトベリーのすべてがわかるウェブサイト
トマトベリーのすべてがわかるウェブサイト

植えつけ方や日常のお手入れは?

苗を植えるのはどんな植物も同じなのでこれといった細工は必要ないと思います、園芸用に専用土を使うのも良いでしょうが「おやじファーム」では去年植えた植物を片付けた使いまわしの土を使います。

何か変わった事なんて面倒な事はしません、プランターから根っこを引っこ抜いてチョットしたゴミ拾いして多少の固形肥料を混ぜ込んで使うってところが「おやじファーム」良いところです。

この作業でさえ面倒なんですが、毎年園芸店から専用の土を買って来ても増える一方で土を処理できないし置いておく場所が無いので使い回して三回目の「おやじファーム」になりました。

多くの収穫を狙っているわけでは無いので収穫量は減りますがこれで十分満足しています。

我が家の小さな庭!おやじファームがやっとやる気になったのか?

ついでに万願寺とうがらしも

もともと京都府舞鶴市万願寺地区で伏見系のトウガラシとカリフォルニア・ワンダー系のトウガラシを交配してできたモノを「万願寺とうがらし」といったそうです。

柔らかくて甘味があり種が少なく食べやすいことが特徴と書かれてますが「トウガラシ」ですから辛いです、調理のしかたでなんて書かれているモノも見かけますが辛いのが苦手な人は無理だと思います。

「おやじファーム」では毎年「ボタンこしょう」と「シシトウ」は植えるのですが今年は、この「万願寺とうがらし」と「ボタンこしょう」をメインに育てようと思います。

収穫量が足りなくて結局近所のスーパーで買ってくるんですけどね・・・。

今年も枯れずにアブチロン

信州のこの辺じゃ、アブチロンなんて地植えじゃ育たないでしょう?って言われながら今年も芽吹いて来ました。

毎年1メートル以上に成長するので秋には根元まで切り戻します、今年もチョット遅めですが新芽が顔を出し始めここからの成長速度が速いので注意が必要です、オレンジ色の可愛い花が良いんですけどね。

アブチロンとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
アブチロンは下垂気味に長期間咲く花が魅力の熱帯花木です。近年鉢物向きのコンパクトでよく開花する品種がふえて、ますます人気が高まっています。アブチロンの原種は、半つる性のメガポタミクム(Abutilonmegapotamicum)と低木のスト...

何故か今頃「クリスマスローズ」が咲いてる・・・?

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
おやじのログ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ