長野市では冬といえば雪、雪が降ると道路に塩カルで車が錆びる。

長野市では冬といえば雪、雪が降ると道路に塩カルで車が錆びる。
西~北日本の日本海側を中心に、雪の影響で大変なことになってますがココ長野市では今朝の段階で駐車場に3~4センチほど積った程度でした。

北陸や新潟県に比べたら微量の雪って事ですね、微量でも道路に融雪剤ってヤツを撒いてもらわないとツルツルのテカテカで朝の通勤に影響するのでありがたいことです。

ただこの融雪剤ってヤツの影響が・・・。

スポンサーリンク

融雪剤でクルマの部品が錆びて故障することも

雪国に限らず、冬になり雪が降る頃には融雪剤(塩化カルシウムなど)を黄色いクルマが撒いてくれています、雪を溶かしたり凍結防止には大変ありがたいのですが大切な愛車にはチョットつらい事だと知ってましたか。

この融雪剤(塩化カルシウムなど)ってヤツは簡単に言えば塩みたいなものです、雪や氷を融雪するメリットはありますがガードレールや植物・自動車等にさまざまな悪影響を与えています。

身近なところでは、車のフェンダー部分等にポッコリ膨らんだような跡を見かけた事はないですか、このポッコリの中は錆ができてるって事になります、もう少しすると膨らんだところがポロっと取れて赤茶色い錆が顔を出すでしょう。

長野市を走っていると街中でよく見かけるフェンダーの錆、放っておけば最後には穴が開いて軽量化?の役には立ちそうですがおんぼろ車に見えて折角のクルマが可愛そうですね。

このフェンダーの錆ですがどうすれば防げるかと言われれば・・・防ぎようは無いといった方が良いでしょうね!知人の車屋さんが構造上遅かれ早かれ錆びるもんだと言っていました。

ただし、錆を防ぐことはできなくても錆び難くすることはできるそうです。

クルマの錆を防ぐには、ヤッパリ洗車ですか?

長野市では冬といえば雪、雪が降ると道路に塩カルで車が錆びる。
一番簡単な方法はなんといっても洗車だそうです、雪の中を走ったらクルマの周りだけでは無くて下側も洗うという事です、スプレータイプのスチームでクルマのお腹側を洗車する事だそうです。

正直冬の寒い時にクルマの洗車なんてチョット面倒くさいですよね、この面倒くさいがクルマのフェンダーの錆につながっています。

でも、寒いし面倒ですよね!、そんな時はですね~

洗車機を使うって方法!

長野市では冬と言えば雪、雪が降ると道路に塩カルで車が錆びる。
この洗車機ってヤツですができるだけメニューが豊富な洗車機を選ぶことがコツになります、クルマのお腹側を洗ってくれるメニューが付てる洗車機を探して使ってください。

金額だけで洗車機を選ぶと、たまぁ~にお腹側を洗ってくれるメニューの無いもがあるようです(古いタイプ?かな)、それと寒い日の午前中は洗車機が使えないってところがあるようなので事前に確認しておきましょう!

普段から行きつけのガソリンスタンドを作ておくと便利ですよ!

玄関先や駐車場に

尿素を主成分として凍結防止・融雪剤で、従来の塩化剤(塩化カルシウムなど)と異なり金属の腐食やコンクリートの浸食が少なく、安心して散布できます。

翌朝凍結してほしくない場所(玄関回り、階段、駐車場所)に撒いてみたり、降雪後の圧雪、アイスバーンを溶かしたい場所に撒いてみてください。

最後におやじが思う事

最近ではセルフスタンドを使う事が普通になってますが、このスタンドの店員さんとお友達になっておくとよい事が結構あります。

昔は決まったガソリンを入れて、決まったガソリンスタンドでクルマをいじったもんですがね・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回のネタは・・・?

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
地元ネタ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ