オムロン血圧計からタニタの上腕式血圧計 BP-222 に変えてみた

タニタの上腕式血圧計 BP-222

血圧って気にしてますか?
アラフィフの声を聞いてから何となく気になって使い始めた血圧計、使い始めの頃はどんな血圧計でも同じかと思ってましたが手首で測るより上腕で測った方が良いとたまに行く近所の医者が言ってました。

スポンサーリンク

タニタの上腕式血圧計

タニタってだけで正確なんだろうなぁ~なんて思って、いつもの楽天市場でお安い順で検索、もちろん送料込みの最安値ですけど・・・。

似たような値段で色々なメーカーから血圧計が出てます、最初の狙いは「オムロン」「シチズン」当たりの上腕式血圧計だったのですが「タニタ」って血圧計も作っていると分かるとなぜか「タニタ」が良いような気がしてポチってました。

タニタ上腕式血圧計 BP-222
株式会社タニタのホームページです。タニタ上腕式血圧計 BP-222(ホワイト)のページです。

お手頃な値段 4,000円とチョットに送料込み

タニタの上腕式血圧計 BP-222

届いてから電池をセットしてすぐ使えます、説明書も付いてますが直感的に使えてしまうので詳しい説明は無くても・・・。

ボタン一発で測定が始まり計測が終わると勝手に止まります、病院とかにある腕を突っ込んで図る血圧計とほとんど変わらないと思います。

気を付ける事は、腕に巻く腕帯(カフ)の位置ですが肘の関節から1センチ~2センチ上の位置に巻くという事です、次に腕帯(カフ)の位置が心臓の位置と同じ高さになるようにして計測するのが良いようです。

以前使っていたオムロンの血圧計

TANITAとOMRONの血圧計

このオムロン HEM-7120 今でも十分使えるのですが使い始めてからそろそろまる4年が経過します、不具合等何も起きてないのですが血圧計のサブ機に格下げという事で使用頻度がかなり減ると思います。

朝と夜に血圧を測定すことを考えると、朝はタニタの血圧計で夜はオムロンの血圧計といった感じで使うことになると思います。
朝はリビングで、夜は寝室でって感じですが夜の血圧測定がかなりルーズになっちゃうのでサブ機扱いの血圧計でってことになりますね!

BP-222 と HEM-7120 の使った感じは

正直言ってどちらも大きな変わりは感じられませんでした、液晶の数字の大きさ等もどちらもどちらという感じです、測定時間に関してはタニタの方が若干ですが早いような気がします。

両方の血圧計で測定しましたがほぼ同じ数字でした、スマートウォッチで測定もしましたが手首で計測すると流石に測定値が違ったものになってました。

使いやすさもほとんど変わらないと思います!

当初の目的はSMSやLineのメッセージ用にと買ったのですがスマートフォンと連携して健康管理もできる優れものです、スマートフォンに血圧・心拍数・運動量等がスマートフォンのアプリと連動して履歴を残してくれます、腕時計に慣れてないと違和感がありますがそのうち慣れます・・・。

あくまでも目安程度にしかならないと思います、無いよりはあった方が良いかもしれない程度のモノですがね・・・。当初の目的が目的なのでまっぁいっかていどで?

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
おやじのログ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ