よく煽られるおじさんノートにワイドトレッドスペーサーを装着してみる

ノートにワイドトレッドスペーサーを装着

この手の車に乗っていると、余程の爺さんが運転してるか営業の会社員か何かに見えるようで煽られること多々あります。
急いでるのかうんこが漏れそうなのかそんなに急いでも信号機等であんまり変わらないのに~。

スポンサーリンク

日産ノートE12 ワイトレを付けてみようっと

おじさんの乗る日産ノートの後ろ姿、リアガラスは真っクロ黒すけで後方からはかすかに乗っている人の姿が見える程度、透けて見えている頃は嫌になるくらい煽られまくりました。

多くはおじさんより年上っぽく見える、60代以上の方が運転するチョット古めの大型車もしくはトヨタのプリウス・アクア系のエコ車と思われるクルマ、大型の長距離トラック・・・ヘッドライトが眩しい。

煽られるのとワイドトレットスペーサーは関係ないけど「ツラウチ」より「ツライチ」の方がカッコいいはず、ローダウンしたら「ツライチ」にしたくなる、それなら早速ワイトレ購入!ポチと

タイヤ・ホイールを外してハブフランジの錆び

ートE12 ワイトレを付けてみようっと

ホイールを外すと新車じゃない限りは多少の錆びはあると思います、ピッカピッカに磨かなくても軽く錆び取りをしてワイトレとハブフランジにガタが無いようにせっせと磨いちゃいます。

普段から見えないところなので、たまにはお手入れをしてあげましょう!

ホイールにハブボルトの逃げが無いと

ワイドトレッドスペーサーが付けられないホイールが有るので前もって調べたほうが良いようです、それとハブ径ってヤツも関係するので注意が必要です。

このおじさんノートE12は、ハブ径60ミリなので当然それ用のワイドトレッドスペーサーが必要になります、なかなかハブ径60ミリ以上のモノが無いので見つけたら即ポチっといた方が良いかもしれませんよ。

4穴でPCDが100mmでネジピッチがM12-P1.25、これがノートE12の車に必要な条件です、4穴から5穴へ変更する方法もあるけど今回はホイールの関係もあるし、予算的にもチョット問題がぁ~

ツラウチに20ミリのワイドトレッドスペーサー

たまたま格安になっていたワイドトレットスペーサーを見つけたので即ポチ、本来なら15ミリの方がピッタリ収まったと思いますがたったの5ミリならごまかせるかなっと。

ここで気を付ける事は

ホイールのネジ(ハブナット)の締め付けるのに一定の力が必要になります、専用の道具が必要になるので前もって用意しておきましょう、自分でタイヤ交換(夏用タイヤから冬用)等をするときも必要になるので「トルクレンチ」は持っていた方がいいです。

ホイールの締め付けトルクは、サイズにもよりますが110Nm~120Nm、通常のホイールと同じで良いようなのでしっかりしめます。

ツラウチに20ミリのワイドトレッドスペーサー

ワイドトレットスペーサー20ミリ装着後、なんか出てるかぁ~ってところでしょうか?
これぐらいなら許してもらえそうな気がします、というよりも許容範囲だと思います。

2017年6月22日、ハミタイ10mm未満まで解禁、国土交通省が車の「保安基準」の一部を改正しました。
回転部分の突出禁止規定及び排気管の開口方向規定の改正について

後ろから見たリアタイヤのはみ出し具合、許容範囲かな?10ミリ未満?大丈夫!
さて!家族全員が乗車したらボディとタイヤが接触するかもしれませんねぇ~コマッタちゃん

今回のワイドトレットスペーサーをポチッたところは

いつもの楽天市場「株式会社グリーンインターナショナル」埼玉県三郷市の会社から

ワイドトレッドスペーサー 4H 4穴 PCD100 20mm M12-P1.25 2枚 スペーサー ツライチ。
日産車・ハブ径 73mm ハブリング無しなので別途ハブリングを用意する必要があります。

ワイトレを付け終えて思ったことは・・・。

おじさんノートE12の乗り心地はあまり大きな変わりはないですね、見た目で多少それっぽくなったかな?ぐらいですかね、今回はハブリング無しのまま使用しました、ハブナットを均等に締め付けていけばホイールのセンターは出ると思いますので・・・。

車検の際は外さないとダメですかねぇ~

この記事を書いた人

信州の田舎に暮らして40数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。

おやじによるオヤジのための親爺のぶろぐ!
詳しくは「おやじのページ

/

旧ブログ 爺ログ(≧(笑)≦)

SHUN1963をフォローする
おやじのログ 走るモノ
スポンサーリンク
おやじのぶろぐ